【確実】親にバレずに退職することは可能!バレる原因と合わせて解説

お役立ちコラム

「親にバレずに退職したい」
「退職が親にバレる原因は?」
「退職したいと言ったら、親はなんて言うだろう…」
このような思いを抱えていませんか?

会社で働いていたものの、さまざまな理由で退職を検討する場合もあるでしょう。

ただ自分では会社を辞めたくても、親に対してはどう思うか・なんて言われるか不安に感じることも。

「親にバレることなく退職したい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下の内容について解説します。

  • 退職が親にバレる原因
  • 親に言えない時の対処法
  • 親にバレずに退職する方法

親にバレずに退職したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

退職が親にバレる原因

退職したことを親に言わなければ、バレないように思うかもしれません。

しかし退職したことは、以下のことが原因で親にバレることがあります。

  1. 退職手続きの書類が自宅に届く
  2. 転職先からの連絡
  3. 会社からの連絡や引き留めを受ける

順番に見ていきましょう。

1. 事務手続きの書類が自宅に届く

会社を退職するための事務手続きの書類は、自宅に送られてくることがあります。

  • 国民健康保険証
  • 離職票
  • 保険料・年金などの通知書

当然ながら退職していなければ、このような書類は送られてきません。

退職に必要なものである以上、自宅に届くのを防ぐことは困難。

そのため、上記の書類が自宅に届くことで、親に退職したことがバレてしまうのです。

2. 転職先からの連絡

転職先からの連絡で、退職が親にバレることがあります。

なぜ転職先が自宅に連絡するのかというと、就職に当たって身元保証人を立てる必要があるためです。

転職先は身元保証人を立てる関係で、親の身元を確認するため自宅に電話をかけます。

この際転職先は、親が退職について知っている前提で話すので、退職したことはバレてしまうでしょう。

3. 会社からの連絡や引き留めを受ける

退職に関して、会社が連絡や引き留めを理由に自宅に連絡してくる場合もあります。

単純に退職についての相談目的の連絡も多いですが、中には脅して退職を引き留める悪質なものも。

非常に稀ですが、上司が直接退職を引き留めにくることもあります。

自宅に連絡しないよう会社にお願いすることはできますが、100%防げることは限らないので退職がバレる原因になり得ます。

退職したいけど親に言えない時の対処法

退職したいという悩みを抱えていても「反対されるんじゃないか」「悲しまれそう」などの理由で、親に言い出せない人もいるかと思います。

退職したいと親に言えない場合には、以下の対処法が有効です。

  1. 友だちに相談する
  2. 親に仕事の相談をしておく
  3. 会社を休む

順番に見ていきましょう。

1. 友だちに相談する

退職したいと親に話しづらいなら、まず友だちに相談してみるのが有効です!

親に話しづらいことでも、友だちになら話せる人もいるのではないでしょうか。

具体的な相談内容は「なぜ辞めたいのか」「仕事の何が辛いのか」などです。

友だちも会社を辞めた方がいいと感じれば後押ししてくれるかもしれませんし、それによって親に話しやすくなる可能性もあります。

また、話しているうちに気が楽になる・退職とは別の解決策が見えることも。

いきなり親に話すのではなく、自分にとって話しやすい友だちへの相談から始めてみましょう。

2. 親に仕事の相談をしておく

退職を言い出す前段階として、親に自分が仕事・職場で抱えている問題を相談をしておくのもいいでしょう。

会社で辛い状態だとわかってもらえれば、退職を後押ししてくれるかもしれません。

また、会社を辞めたいと思っていることが伝われば、退職を伝えても理解してくれる可能性は高まります。

そもそも最初から親は、退職を反対しなかったかもしれません。

それを判断する意味でも、親には仕事の相談から話してみましょう。

3. 会社を休む

退職してしまうのではなく、一旦有給を使って会社を休んでみるのも有効です。

もしかしたら会社を辞めたいと思っているのは、少し疲れていて深刻に考えているだけかもしれません。

その場合は、しばらく会社を休むことで、仕事が辛くなくなる可能性があります。

一定期間会社を休んでからも仕事が辛い・辞めたいと感じるなら、すでに限界が近いことが考えられるので、退職を検討した方がいいでしょう。

親にバレずに退職する方法

できることなら、親にバレることなく退職したいですよね。

親にバレずに退職するには、以下の方法が有効です。

  1. 一人暮らしなら事後報告
  2. 退職代行を使う

順番に見ていきましょう。

1. 一人暮らしなら事後報告

一人暮らしなら、退職が決まってからの事後報告でも問題ありません。

別々に住んでいるので黙っていればバレることはないですし、金銭面も含め生活に支障がないなら無理に伝えなくても大丈夫です。

ただ、会社を辞めていることを親にずっと隠しているのは無理があります。

また、話すのが遅いと親は話してくれなかったことを悲しむかもしれません。

いずれは退職について話さないといけないので、事後報告であってもできるだけ早く伝えましょう。

2. 退職代行を使う

退職代行を使えば、親にバレずに退職できる可能性が高まります。

退職代行は退職に関するプロなので、相談することで親にバレずに辞められるようアドバイスがもらえる場合があるためです。

また、退職代行は会社に行くことも上司に会うこともなく退職可能。

親だけでなく上司にも退職を言い出しにくいと感じている人にも、おすすめのサービスです。

退職代行についてはこの後詳しく解説するので、気になる人はご一読ください。

親に退職を報告するタイミング

 

親にバレるのを防ぐなら、退職は以下のタイミングで報告するのが有効です。

  1. 実家暮らしは退職前に話すのがベスト
  2. 転職先が決まった後に話す

順番に見ていきましょう。

1. 実家暮らしは退職前に話すのがベスト

実家暮らしなら、できれば退職前に話しましょう。

一人暮らしと違って実家は隠しきるには無理があり、すぐに伝えるべきタイミングが来ます。

また、親もなぜ相談してくれなかったのかと感じる可能性があります。

親との関係を考えても退職前に話すのがベストですが、どうしても言えないなら事後報告にして早めに伝えましょう。

2. 転職先が決まった後に話す

転職先を決まったタイミングで、退職の意向を伝えるのもいいでしょう。

親は仕事がない状態になるのを心配するものなので、転職先が決まっていれば退職についても理解してくれる可能性が高いです。

また、自分自身も転職先が決まっていれば、退職に対する不安を減らせます。

そのため退職前に次の転職先を決めておき、そのタイミングで退職を伝えるのがベストです。

退職代行なら親にバレずに辞められる理由

 

退職代行は、親にバレずに辞められる可能性が高いです。

退職に関する会社とのやりとりをすべて代行してもらえて、自分は一切会社に行かなくてよくなります。

会社への連絡もすべて任せられますし、電話・メール連絡は自分の携帯にしてもらうようお願いすれば、自宅に連絡が行くこともありません。

会社が直接実家に連絡してくる可能性は0ではないですが、退職代行にお願いし実家に連絡しないよう念押ししてもらうことは可能です。

また、退職代行は退職に関するプロなので、親にバレずに退職する方法についてのアドバイスももらえます。

まずは親のことも含めた退職についての相談のためにも、連絡してみてください。

親にバレずに退職するなら「辞めるんです」がおすすめ!

参照:https://yamerundesu.com

最後にここまでの内容をまとめます。

  • 退職は自宅への書類郵送や電話連絡でバレることがある
  • 親への相談は事後報告でも問題ない
  • 退職代行を使えば親にバレずに辞められる可能性あり

会社からの書類郵送や電話連絡があれば、退職を親に隠していてもバレてしまいます。

一人暮らしなら事後報告にしてしばらく隠し通せますが、実家暮らしだとそうはいきません。

退職代行は退職に関するプロなので、親にバレずに退職する方法についてもアドバイスをもらえる可能性があります。

また、退職代行業者はさまざまですが、依頼するなら「辞めるんです」がおすすめです。

  • 退職成功率100%
  • 即日対応
  • 7,000件以上の実績

7,000件以上の実績を持っており、退職成功率は100%なので、数多くの退職に関する知見を持っています。

親にバレずに退職する方法についても知見があるので、まずは「辞めるんです」に連絡し、親にバレずに辞められないか相談してみてください。