【仕事を辞めたい】退職を言い出せない原因5選!理由別の対処方法を解説

お役立ちコラム

「どうしても退職を言い出せない…」
「仕事を辞めたいと言えないときはどうしたらいい?」
「自分の代わりに退職を伝えてくれるサービスってないのかな?」

このようなお悩みを抱えていませんか?

慢性化した長時間の残業や上司のパワハラなどが理由で、退職を検討している方も多いと思います。

しかし、会社を辞めたいものの、退職を言い出せない状況に置かれている方もいるのではないでしょうか。辞めたくても辞められないのは、精神的な負担が大きいですよね。

そこでこの記事では、退職を言い出せない原因と対処法を解説します。本コラムでは、即日で安全に辞められる方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

退職を言い出せない5つの原因と対処法

退職を言い出せない理由は、人によって様々です。本項では、よくある原因と対処法を紹介します。

主な原因は、以下5点です。

  1. 上司に伝えにくいから
  2. 人手不足で迷惑をかけそうだから
  3. 親の反応が気になるから
  4. 新卒で入社したばかりだから
  5. 辞めた後のことが不安だから

退職を言い出せない方のリアルな声と併せて解説します。

1.上司に伝えにくいから

上司が怖くて、仕事を辞めたいと言えない人は多いです。退職の意志を伝えると、怒られそうな気がしますよね。

対処方法は、言い出すタイミングを工夫することです。

例えば、閑散期、会議の少ない日など、上司の気持ちに余裕がある時期に伝えましょう。メールで「話し合いの場を設けて欲しい」と、あらかじめ依頼するのもひとつの方法です。

2.人手不足で迷惑をかけそうだから

人手不足が原因で、退職を切り出せない方もいるでしょう。自分が辞めることで、周囲の人に迷惑をかけそうと感じることもあると思います。

しかし、人手不足は会社の責任で、あなたは何も悪くありません。どうしても辞めた後が気になるようであれば、引継ぎ資料を作成しておくことおすすめします。

3.親の反応が気になるから

親の反応が気になり、仕事を辞めにくいと感じる方は多いです。理由によっては「もっとがんばれ」「まだ続けられる」と言われそうですよね。

勇気を出して、親に退職したいことを相談してみましょう。理由をきちんと伝えられれば、納得してもらえるかもしれません。

4.新卒で入社したばかりだから

入社歴が浅いと引き止めに遭うと感じ、退職を切り出せない場合もあると思います。また、辞めた後に再就職できるのか不安ですよね。

対処方法として、一度上司に相談してみることをおすすめします。部署異動や問題を解決することで、仕事を辞めずに済む可能性があります。

5.辞めた後のことが不安だから

転職先が決まってない状態だと、辞めた後就職できるのか不安な方もいるでしょう。また、退職後の生活費をどう工面しようかという心配もあると思います。

安全に退職するなら、転職先が決まってから辞めることをおすすめします。

退職を言い出せなくてもバックレがNGである理由3選

退職を切り出せな中辞めたい気持ちが高まると、バックレを考える方もいるのではないでしょうか。しかし、リスクが多く、おすすめできる方法はではありません

本項では、バックレる危険性を紹介します。主に以下3点です。

  1. 懲戒解雇になる場合があるから
  2. もらえる給料が減るから
  3. 退職後に必要な書類がもらえないから

各リスクについて、順番に解説します。

1.懲戒解雇になる場合があるから

バックレて2週間以上の無断欠勤が続くと、懲戒解雇処分が下ります。

懲戒解雇処分になると、退職金がもらえなかったり、転職に悪影響を及ぼしたりします。会社を辞めた後のことを考えるなら、バックレは避けましょう。

2.もらえる給料が減るから

バックレは、欠勤扱いになります。ほとんどの会社では、欠勤を有給に充てることは認めていません

その結果、バックレるともらえる給料が減ります

3.退職後に必要な書類がもらえないから

会社をバックレた場合、退職後に必要な書類をもらえない場合があります。

主に以下の通りです。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

これらの書類を受け取らないと、転職先に迷惑がかかったり、失業保険を受け取れなかったりします。勤務先から郵送されない場合は、自分から連絡しなければなりません

どうしても退職を言い出せないときは退職代行を利用しよう

退職を言い出せないときの対処法を紹介しましたが、人によっては解決が難しい場合もあるのではないでしょうか。

もし退職を切り出せたとしても、数ヶ月先になる可能性もあります。心や体がボロボロな方は、今すぐにでも辞めたいですよね。

どうしても退職を言い出せない方におすすめなのが、退職代行サービスです。退職代行とは、あなたの代わりに退職の意志を伝えれくれるサービス。会社と直接やり取りするがなくため、退職を言い出せなくて悩んでいる方にぴったりです。

また、退職代行を利用すれば、依頼した当日に辞められることもあります。今すぐにでも会社を辞めたい方は、ぜひサービスの利用を検討してみてください。

当メディアを運営している「辞めるんです」は、退職率100%を誇る退職代行サービスです。24時間365日、LINEによる無料相談を受け付けています。

相談だけでも構いませんので、退職を言い出せなくて悩んでいる方は、気軽にお問い合わせください。

退職代行サービスを利用するメリット5選

退職代行サービスを利用するには、料金を支払う必要があります。お金を払って依頼する価値があるのかどうか不安ですよね。

そこで本項では、退職代行サービスを利用するメリットを紹介します。主に以下5点です。

  1. 退職の意向を代わりに伝えてくれる
  2. 最短で当日辞められる
  3. 上司や同僚と顔を合わさずに辞められる
  4. 安全に退職できる
  5. 有給が使える可能性がある

順番に解説します。

1.退職の意向を代わりに伝えてくれる

代行サービスのメリットは、自分の代わりに退職の意志を伝えてくれることです。

そのため、勇気を出して退職を切り出す必要はありません。会社と直接やり取りしないため、引き止めに遭う可能性も少ないです。

この結果、ストレスを感じずに会社を辞められます。

2.最短で当日辞められる

退職代行サービスを利用すれば、最短で依頼した当日に会社を辞められます。例えば、深夜にサービスの依頼をすることで、朝出社せずに退職できる場合もあります。

自力で辞める場合、退職の意志を伝えても、1~3ヶ月は出社するよう求められる可能性も。今すぐでも会社を辞めたい方は、退職代行サービスを利用しましょう。

3.上司や同僚と顔を合わさずに辞められる

退職代行サービスを利用することで、職場の人と顔を合わせずに辞められます。代行業者があなたと会社の間に入り、代わりにやり取りを行ってくれるためです。

さらに、退職代行を実行した当日から出勤する必要はありません

4.安全に退職できる

退職代行サービスを利用することで、安全に退職できます。代行業者を使うことは、違法行為ではないためです。

会社から訴えられるなどのトラブルに巻き込まれる可能性も低いです。退職代行なら、バックレるよりも安全に辞められます。

5.有給が使える可能性がある

自分の力で辞める場合、有給を使いきれない可能性があります。会社が消化を拒否するのは違法ですが、ブラック企業に勤めていると有給を認められないことも。

一方、退職代行サービスは、有給を使いたいことを会社へ伝えてくれます。第三者が間に入ることで、消化できる可能性が高まります。

退職代行を利用した人の口コミ

ここまでは退職代行サービスのメリットを紹介しましたが、実際に使ってみた人の声を知りたい方は多いのではないでしょうか。本当依頼してやめられるのかどうかも心配ですよね。

そこで本項では、退職代行を使った人のリアルな口コミを紹介します。

退職代行を使った人の口コミを見ると、

  • スムーズに退職できた
  • 依頼したその日に辞められた
  • 上司と話さずに退職できた

などポジティブな意見が目立ちました。

どうしても会社を辞めたい方は、代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

退職を言い出せなくて悩んでいる方は「辞めるんです」へご相談ください

退職が言い出せずに悩んでいる方は、退職代行サービス「辞めるんです」にお任せください。

弊社は、7,000件以上の豊富な代行実績があります。正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトの方でも、退職のお手伝いさせていただいています。

「辞めるんです」にご相談いただければ、連絡いただいたその日から出社する必要がありません。24時間365日依頼を受け付けており、即日対応が可能です。

料金の後払いにも対応しており、退職届が正式に受理されてからのお支払いも可能です。加えて、追加費用などは一切いただいていません

LINEによる無料相談も受け付けているので、会社を辞めたくて悩んでいる方は、ぜひお気軽にご連絡ください。