【違法にならない】即日退職は条件付きで可能!失敗しない辞め方を解説

お役立ちコラム

「即日退職は違法になるのかな?」
「即日退職しても、損害賠償を請求されることはない?」
「安全に即日退職するためには、どうしたら良いの?」

当記事では、このようなお悩みに答えていきます。

上司からのパワハラや長時間の残業などで、今すぐにでも会社を辞めたいと考えている方が多いのではないでしょうか。心も体もボロボロになり、限界を感じている方もいると思います。

しかし、即日で辞められるのかどうか不安ですよね。加えて、即日退職した場合、会社から損害賠償を請求されないか心配です。すぐにでも退職はしたいですが、できるだけ安全に辞めたいところ。

そこで当記事では、

  • 即日退職ができる条件
  • 損害賠償が請求される可能性
  • 即日退職をするときの主な流れ

などを解説します。

安全で成功する可能性が高い即日退職の方法も紹介するので、今すぐにでも会社を辞めたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

即日退職は可能?雇用形態別に辞め方を解説

基本的に、即日退職をすることは可能です。しかし、雇用形態によっては、すぐに勤務先を辞められない場合があります

そこで本項では、以下4つの雇用形態別に、即日退職の可否や方法を紹介します。

  1. 正社員
  2. 契約社員
  3. 派遣社員
  4. パート・アルバイト

順番にみていきましょう。

1.正社員

正社員の場合は、退職日の2週間前に辞めることを伝えなければいけません民法第六百二十七条にて明記されている事項です。

つまり、退職の意志を伝えても、2週間は勤務先に在籍することになります。出社したくない場合は、有給を使うか、欠勤扱いにするしかありません。ただし、引継ぎなども行わなければならないため、基本的には出社することになるでしょう。

なお、2週間待たずとも、即日退職を認めてくれる場合もあります。企業によって判断は異なりますので、可能性がある程度に考えましょう。

2.契約社員

契約社員の場合、雇用期間が定められていることがほとんどです。そのため、基本的には契約満了までは退職できません

しかし、以下の条件にあてはまれば即日退職が可能です。

ただし、なにを持って「やむを得ない」とするのかは、会社の判断によります。一般的には、体調不良や家族の介護などが挙げられます。

3.派遣社員

派遣社員が即日退職できるかどうかは、派遣されている条件によります。

派遣先に正社員として入社している場合は、即日退職が可能です。雇用期間に定めがないため、正社員と同じ扱いになります。

一方、派遣会社に登録して派遣先を紹介してもらっている場合は、契約を満了するまで退職できません。契約社員と同じ様に、1年以上働いていたり、やむを得ない理由があったりすれば、即日退職が認められます。

4.パート・アルバイト

パート・アルバイトは、雇用期間の定めによって異なります。契約社員や派遣社員の考え方と同様です。

雇用期間の定めがない場合は、2週間前に退職の意志を伝えます。条件によってはパート・アルバイトでも有給が使えるので、退職日まで出勤しないで済むこともあります。

雇用期間が決められている場合は、期間内に辞められません。ただし、1年以上勤務している、やむを得ない理由があるなどの条件に当てはまれば、即日退職は可能です。

即日退職で損害賠償が請求される可能性は低い

即日退職したことが原因で、損害賠償が請求されることはほぼありません

そもそも損害賠償は、被害者が大きな損害を受けた際に請求するもの。ただ単に従業員が退職した場合、会社が損害を受けるとは考えにくいです。

加えて、損害賠償を請求するには、損害賠償額の算定や示談交渉などを行います。企業側にお金と手間がかかるため、1人の従業員が退職したからといって、行動に移すまでには至らないでしょう。

ただし、即日退職をして大きな損害を与える行為をした場合は、損害賠償を請求される可能性があります。

例えば、

  • 退職の際に他の従業員の引き抜きを行う
  • 会社の備品を壊して辞める

などです。

即日退職しても損害賠償を請求される可能性は低いですが、0ではないことを覚えておきましょう。

即日退職したくてもバックレがNGである2つの理由

どうしても今すぐに辞めたい場合、勤務先をバックレようと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、転職などに悪影響を及ぼすリスクがあります。

本項では、バックレをおすすめできない理由を紹介します。主に、以下2点です。

  1. 懲戒解雇になる場合があるから
  2. 無断欠勤した分減給になるから

それぞれの理由について、詳しく解説します。

1.懲戒解雇になる場合があるから

懲戒解雇とは、懲戒処分の中で最も重い罰です。いわゆる「クビ」の状態。

2週間以上の無断欠勤が続くと、懲戒解雇処分が下る可能性があります。懲戒解雇処分になると、退職金がもらえなかったり、転職に悪影響を及ぼしたりします。

再就職できないリスクもあるので、即日退職したくてもバックレは辞めましょう。

2.無断欠勤した分減給になるから

バックレは、欠勤扱いになります。ほとんどの会社では、欠勤を有給に充てることを認めていません。そのため、無断欠勤した分、給料が減ってしまいます。

【3ステップで解説】即日退職をするときの流れ

即日退職をしようと思っても、どのように進めれば良いのか分からない方も多いと思います。そこで本項では、即日退職の流れを解説します。

主に、以下3つのステップを踏みましょう。

  1. 退職の意向を伝える
  2. 会社支給の備品を返却する
  3. 必要な書類を受け取る

それぞれの手順について、注意点などを解説します。

ステップ1.退職の意向を伝える

即日退職をする場合、まずは退職の意向を上司に伝えましょう。

正社員は、退職希望日の2週間前に連絡します。契約社員やパート・アルバイト、派遣は、都合の良いタイミングに伝えましょう。

正社員の場合、この段階で2週間分の有給を使用するのか、出社するのかを決めます。契約社員やパート・アルバイト、派遣の場合は、会社側と退職日の調整を行いましょう。

直接退職の意向を伝えるのが難しい場合は、メールで伝えることも可能です。法律では、退職を申し出る方法について決められていません。

ステップ2.会社支給の備品を返却する

退職する際には、会社から支給された備品を返却しましょう。

主な返却物は、以下の通りです。

  • 保険証
  • 社員証
  • 制服
  • 名刺
  • スマートフォン
  • パソコン
  • 定期券

会社から支給された備品は、漏れのないよう返却しましょう

ステップ3.必要な書類を受け取る

退職する際には、会社から必要な書類を受け取ります。

主な書類は以下の通りです。基本的には、退職してから数日後に郵送されます。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

これらの書類は必ず受け取りましょう。受け取らなければ、転職先に迷惑がかかったり、失業保険を申請できなかったりします。いつまで経っても郵送されない場合は、会社へ催促の連絡を入れます

即日退職するなら退職代行サービスがおすすめ!5つのメリットを紹介

会社を今すぐにでも辞めたいなら、退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行とは、依頼者の代わりに退職の意向を伝えてくれるサービスのこと。従業員が抱えている「引き留めに遭って辞められない」「上司に伝えるのが怖い」などの悩みを解決してくれます。

本項では、退職代行サービスを利用するメリットを紹介します。主に、以下5点です。

  1. 最短で当日の退職が可能
  2. 自分で退職の意向を伝えなくて済む
  3. 職場の人間と顔を合わさずに辞められる
  4. 有給が使える可能性がある
  5. 会社から訴えられる心配がない

それぞれのメリットを順番に解説します。即日退職したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.最短で当日の退職が可能

退職代行サービスのメリットは、最短で当日の退職が可能なことです。

例えば、24時間対応の代行業者なら、深夜でも依頼できます。結果、当日の朝は出社せずに辞められる場合もあります。今すぐでも会社を退職したい方にとっては、ぴったりのサービスでしょう。

従業員と会社との間に代行業者が入ることで、引き留め合うケースも少なくなります。退職代行サービスを使うと、即日退職できる可能性が高まります。

当メディアを運営している退職代行サービス「辞めるんです」は、24時間365日依頼を受け付けています。即日対応で、連絡いただいた当日に退職することも可能です。相談だけでも大丈夫ですので、会社を辞めたくて悩んでいる方は、ぜひお問い合わせください。

2.自分で退職の意向を伝えなくて済む

退職代行サービスを利用することで、自分で退職の意向を伝えなくて済みます。代行サービスは、依頼者の代わりに「辞めたい」と伝えてくれるためです。

置かれている環境によっては、自分から退職を言い出すのが難しい場合もあると思います。上司に怒られそうで、なかなか伝えられない人もいるでしょう。

自分から退職を切り出さないで良いのは、退職代行サービスならではのメリットです。代行業者が代わりに伝えてくれるので、気持ちの面でも楽になります

退職の意向を言い出せずに悩んでいた方は、ぜひサービスの利用を検討してみてください。

3.職場の人間と顔を合わさずに辞められる

退職代行サービスのメリットは、勤務先の人と顔を合わさずに辞められること。代行業者が、会社と従業員の間に入って、やり取りをしてくれるためです。

さらに、代行サービスを使うことで、出社する必要もなくなります。業者によっては、依頼した当日から会社に行かずに済みます。

4.有給が使える可能性がある

自力で退職する場合、有給を使いきれない可能性があります。本来なら消化を拒否されることはありませんが、ラック企業では有給を認められないことも

一方、退職代行サービスは、有給を使いたいことを勤務先に伝えてくれます。第三者が間に入ることで、消化できる可能性が高まります。

5.会社から訴えられる心配がない

退職代行サービスを利用しても、会社から訴えられる心配はありません。代行業者を使うことは、違法行為ではないためです。

即日退職できる可能性も高く、バックレるよりも安全に辞められます

即日退職なら「辞めるんです」にご相談ください

今すぐにでも会社を辞めたいと考えているなら、退職代行サービス「辞めるんです」にお任せください。

弊社にご相談いただければ、連絡いただいたその日から出社する必要がありません。24時間365日依頼を受け付けており、即日対応が可能です。

「辞めるんです」は、7,000件以上の豊富な代行実績があります。正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトの方でも、退職のお手伝いさせていただいています。

料金の後払いにも対応しており、退職届が正式に受理されてからのお支払いも可能です。加えて、追加費用などは一切いただいていません。

LINEの無料相談も受け付けているので、会社を辞めたくて悩んでいる方は、ぜひお気軽にご連絡ください。