【源泉徴収】

 

源泉徴収とは?

会社員や公務員など、給料や賞与(ボーナス)をもらう方は

毎月の給料や、夏・冬の賞与から「所得税」があらかじめ天引きされます。

これを、源泉徴収(げんせんちょうしゅう)と言います。

 

勤務先は、源泉徴収した所得税を翌月10日までに税務署に納めています。

 

源泉徴収とは「年末調整の結果表」

源泉徴収票とは一言で答えるなら、「年末調整の結果表」

 

もしくは、「会社員のための確定申告書控え」とも言えます。

 

会社員は給与に関する情報については会社が把握できるので、

その分については会社が代わりに所得税を計算してくれます。

 

このことを、年末調整(ねんまつちょうせい)と呼んでいます。

※会社員全員が確定申告しなくてもいいのは会社が年末調整してくれるからなのです。

 

会社は、

①給与の金額

②天引きした
社会保険料

③各社員から提供された扶養控除生命保険料控除

等、①〜③の情報をもとに 年間の所得税を計算して、源泉徴収票の紙にまとめます。

 

各社員は源泉徴収票で年収を確認できますし、

ほかに所得がある場合や医療費控除などを受けるための確定申告する際に使用します。