【パワハラ】①

弊社にご依頼いただく依頼者様の退職の理由として最も多いものが「パワハラ」です。

今回紹介するパワハラは職場いじめや暴力などの犯罪とも言える、立場が下の者に対して行う嫌がらせであり、泣き寝入りするケースが多いのが実態です。しかし悪質なものになると精神疾患等を発症し社会的な生活に支障をきたす場合もあり、看過できない問題です。

依頼までの長い間パワハラに悩まれていたケースが多く、パワハラを受けている側はパワハラを受けている相手に退職を申し出なければならない場合が多く、退職の意思を示しても受け入れられない場合や退職を申し出づら状況が多く見られます。

パワハラは近年頻繁に耳にするワードで、社会問題として取り上げられますが、どのような行為がパワハラとされ、立場の劣位にある社員や従業員にとって苦痛となるのでしょうか。弊社にご依頼いただいた例を交えて紹介させていただきます。

 

①身体的な攻撃

叩く、殴る、蹴るなどの暴行。

丸めたポスターで頭を叩くなど、物を介しての暴力。

これらはよくパワハラの代表的な例です。計画的に行った場合はもちろん、感情的になり突発的に行ってしまったとしてもパワハラとなり相手にダメージとトラウマを与える行為です。

②精神的な攻撃

同僚の目の前で叱責される。他の職員を宛先に含めてメールで罵倒される。必要以上に長時間にわたり、繰り返し執拗に叱る。

身体的な攻撃とは違いあからさまでない為、認識されづらい形態ではありますが、受ける側のダメージは甚大で精神的な疾患に繋がる場合もあります。

③人間関係からの切り離し

1人だけ別室に席をうつされる。強制的に自宅待機を命じられる。送別会に出席させない。

会社のイベントに呼ばないことや露骨な無視など、単なる気まぐれでも、相手には大きな心の傷を与えてしまう可能性があります。

 

④過大な要求

過大な要求の代表例は”こなしきれない過重労働を強いること”や”不必要に残業、深夜労働、休日出勤を強要すること”などです。

優秀な社員を基準に業務内容を決め、そうではない社員に達成できない業務を与えた場合もパワハラとなる可能性があります。自分が過剰な労働をやってきたからといって部下に強要してはいけません。

もちろん、就業規則や労働基準法などに触れない範囲で業務に必要な残業や休日出勤はパワハラとはなりません。

上司が部下の能力を把握して適切な業務を割り当てる必要があります。

 

⑤過小な要求

正当な理由なく、単純作業や採用段階に契約した業務と関係ない別の仕事を与えるなどの行為は「過小な要求」といった種類のパワハラに該当します。

運転手なのに営業所の草むしりだけを命じられる。事務職なのに倉庫業務だけを命じられる。等の過少な指示や、全く仕事を与えないという場合もあります。

⑥個の侵害

プライベートな情報を執拗に問いただされることや、プライベートな時間で業務の対応を強いられること、自由参加の飲み会への参加強要などが該当します。また、必要ない家族や恋人についての情報を求められるケースもあります。